艶つや習慣(つやつやしゅうかん)使ってます!首イボがポロリ取れました♪

艶つや習慣(つやつやしゅうかん)を使い初めて1ヶ月目に首イボがポロリッと取れました!その時のレビュー記事や実際に使ってみての本音の口コミなどをまとめいくブログです。

2016年10月21日

アクロコルドンとスキンタッグどちらも首にできるイボです!


アクロコルドンとスキンタッグどちらも首にできるイボです!

2016-09-23_124703.bmp


首や顔、デコルテ(胸)などにポツポツザラザラのイボや角質粒ができてしまい悩んでいる!そんな方は多いですよね。

私もその一人です。

DSC08669.JPG

ほらねぇ!首元だけでもこんなにたくさんできています^^;

悩みの種の首イボですが、幾つか種類があるようです。
その中で今日はアクロコルドンとスキンタッグについて調べたので紹介します。

★アクロコルドン

首などにできるイボの種類の中で一番小さなものをアクロコルドンと呼びます。

皮膚の表面より突起が少なくあまり目立ちません。

色は褐色タイプが多いようですが肌色もあります。

大きさは1個3mm程度です。

出来る原因は加齢や摩擦、紫外線などですね。

皮膚の柔らかい場所にできやすく、首以外にも脇まわり、横っ腹、太ももの付け根(パンティーライン)などにもできやすいようです。

ウイルス性のイボではないので人に感染はしません。そのまま放置しても気にならなければ特に問題はありません。

特に痛みやかゆみなどがないので気がつかない事も多く、知らない内に広範囲に出来てしまっている場合もあるようです。

中高年以降にできやすく時に80代以降の方はほぼできているという事で老人性イボと呼ばれているようですね。



★スキンタッグ

こちらも小さなイボでアクロコルドンとよく似ています。

皮膚の表面から突起しています。ここがアクロコルドンとの見た目の違いでしょうか。

色は肌色、褐色更に黒っぽいものもあり様々です。

大きさも3mmほどですが大きいものは1pほどになるイボもある様です。

できる原因は加齢や摩擦、紫外線などアクロコルドンと同じですが、ただ、アクロコルドンのように皮膚が柔らかい場所以外にも出来るのが特徴ですね。
汗を多くかく場所にできやすくて顔や首まわりは勿論、手や腕、背中などにもできます。

スキンタッグもウイルス性のイボでは有りません。気にならなければそのまま放置しても問題はありません。

ただスキンタッグは汗が溜まりやすい場所にできることが多いので皮膚の摩擦などでかゆみや痛みを感じる場合があるようです。
気になるようなら早目に皮膚科などへ受診されるのがいいと思います。




202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s.jpg



うーん・・・どちっもよく似ていますよねぇ・・・パッと見て見分けるのは素人では無理ですね。
実際に私は首回りなどに沢山イボができていますが、どっちのイボ??・・・分かりません

私の友人の一人は「私のイボはスキンタッグよ!だって飛び出てるもん」と言ってました。
こんな風に自分でハッキリ見分けられる人は少ないと思います。

アクロコルドンとスキンタッグどちらも良性の腫瘍で特に問題はないと言われますが、
どちらも見た目が気になりますよね。


首元や顔、デコルテ(胸)などは他人からもパっと見える場所ですよね!
意外に人は他人の首元って見てるもんです。
(私もつい目がいってしまいますもんねぇ・・・w)

女性は特に実年齢よりも老けて見られるのは嫌だと思います。
(私もいやだぁ〜)

また、私の場合はネックレスが首イボに引っかかって痛くって〜
とうとう大好きなネックレスを最近は付けなくなりました。
(うっうっ・・・悲しいなぁ・・)

こんな風に、気になる場合には早目のケアをした方が良さそうですね。

あっそうそう、薬剤師の姉に聞いた所、首イボはアクロコルドンとスキンタッグが混ざってできてる事珍しくもないそうです。

えっ!・・・ああ〜そういうことねぇ・・・たぶん私にできているポツポツザラザラは両方だわぁ!


そんな首イボを自宅で気長に改善したい時は今、私も使っている艶つや習慣(つやつやしゅうかん)は手軽で便利ですよ!



あなたもポツポツザラザラに悩んでいて病院まで行かなくてもいいかぁ・・・でも自宅でケアして見たいっと思っているなら艶つや習慣を試して見るといいかも知れませんね❤








posted by ポロリ at 07:43| イボの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。